【2020】androidタブレット・スペックの見方・選び方・用途別お勧めタブレット12選

広告

こんにちは!Ziemaです。

Windowsタブレット、iPadと比べて安価なandroidタブレットですがサイズもスペックもまちまちでどれを選べばいいか分からなくなりませんか?今回はサイズ、スペックから用途別にお勧めなandroidタブレットをチョイスしてみました。

スペックの見方

スペック表を見るだけで嫌になるという人もいるかと思いますが、いくつかのポイントさえわかってしまえば難しいことはありません。

CPU

スペック表の中で一番大切なポイントはCPUです。このパーツがタブレットの性能の殆どを決めます。

4コアか8コアか?

CPUには4コア(クアッドコア)と6コア(ヘキサコア)、8コア(オクタコア)があります。4コアはネットサーフィンや電子書籍を読む、軽いゲームに向いています。
6コア、8コアは処理の重い画像編集、動画視聴や3Dゲームに向いています。

クロック数は?

CPUには動作クロックがあります。高いほど高性能です。
・1.3GHz前後はネットサーフィンや、SNS、電子書籍閲覧に向いておりゲームなどにはあまり向きません。
・1.5~2.0GHzは比較的処理の重い画像編集、動画視聴や、SNS、ソーシャルゲームに向いています。
・2.5GHz以上は比較的処理の重い画像編集、全画面での動画視聴、SNS、3Dゲームに向いています。

メモリ

RAM、メモリなどと呼ばれるパーツです。容量は多いほど良いです。

・1GB、ネットサーフィン、電子書籍閲覧、SNS、その他アプリによっては動かないものもある。
・2GB、画像編集、動画視聴、SNS、ソーシャルゲームなど。
・3~4GB、マルチタスクで多くのアプリを同時に立ち上げて使うような場合、全画面での動画視聴、画像編集、SNS、ゲームなど。

ストレージ

データやアプリを保存しておくための内部メモリです。

最近の機種はマイクロSDカードで容量を補うことができますが、外部メモリにアプリをインストールするとアプリのレスポンスが下がることもあり、あるいはアプリが外部メモリに移せない場合があるので、内部メモリは多い方がお勧めです。

16GBでは動画などを保存するには少し小さすぎます。できれば32GB以上、64GB以上が推奨サイズです。

サイズ

液晶サイズ

7インチから12インチまでありますが、用途に応じたサイズを選びます。

7インチ…ネットサーフィン、読書、軽いゲーム、持ち運びが容易

8インチ…ネットサーフィン、読書、ゲーム、動画視聴、画像編集。持ち運びが容易

10インチ以上…3Dゲーム、動画視聴、画像編集、マルチタスクでの作業。持ち運ぶにはかさばる。

解像度

1024x600、1280x800、1920x1200などがありますが大きいほど画面が綺麗に見えます。
7インチクラスは1024x600が普通ですが、旧機種には1280x720というった物もありました。
8インチなら1280x800,1920x1200といったサイズです。大きい方が画面が綺麗です。

10インチ以上は1280x1200以上、過去には2540x1440など2K画質のものも存在しました。

パネルの種類

現在はIPS液晶が主流です。視野角が広いのが特徴です。古い機種だと視野角の狭いTFT液晶のものもあります。

メーカー

NEC

NEC

NEC

Lenovo (直販)

Lenovo

Lenovo (直販)

品番

Lavie TAB TE708KAS

Lavie TAB TE508KAS

Lavie TBA TE507KAS

Lenovo TAB M8 ZA5F0024JP

Lenovo TAB M8 ZA5G0084JP

Lenovo TAB M7 ZA550230JP

発売日

2020-01-23

2020-01-23

2020-01-23

2020-7-2

2019-11-15

2020-4-28

OS

Android9.0

Android9.0

Android9.0

Android9.0

Android9.0

Android9.0

ネットワーク

Wi-Fi

Wi-Fi

Wi-Fi

Wi-Fi

Wi-Fi

Wi-Fi

ストレージ

64GB

32GB

32GB

64GB

16GB

32GB

メモリ

4G

2G

2G

4G

2G

2G

CPU

HelioP22T

HelioA22

MT8321

HelioP22T

HelioA22

MT8321

クロック数

2.3GHz

2GHz

1.3GHz

2.3GHz

2GHz

1.3GHz

コア数

8コア

4コア

4コア

8コア

4コア

4コア

GPU

PowerVR Rougue GE8320

PowerVR Rougue GE8320

Mali-400

PowerVR Rougue GE8320

PowerVR Rougue GE8320

Mali-400

GPS

Bluetooth

5

5

4

5

5

4

加速度センサ

本体I/F

microUSB

microUSB

microUSB

microUSB

microUSB

microUSB

画面サイズ

8インチ

8インチ

7インチ

8インチ

8インチ

7インチ

液晶

IPS

IPS

IPS

IPS

IPS

IPS

解像度

1920x1200

1280x800

1024x600

1920x1200

1280x800

1024x600

価格(税込)

30600

22374

18199

26294

14994

10930

HUAWEIはどうなの?

米国と中国との貿易摩擦の影響によって、現在HUAWEIのタブレットにはGoogle Playがインストールされていません。

後からインストールできないことはないようですが、イレギュラーな方法を使ってのことなので自己責任でということになります。

価格が安く性能が良い製品も多いのですが、初心者向けではありません。

旧機種は選ばないほうがいいの?

現在流通しているandroidタブレットのOSには最新のandroid9.0から型落ちのandroid4.2までありますが、セキュリティの問題などで基本的にはandroidのバージョンは高い方がお勧めです。

またアプリによっては動作環境をandroid4.4以上などと指定していることもあり、あまり古いバージョンでは動かないものもあります。逆に最新のandroidでも互換性の問題がある場合もあります。

ただ、旧機種の場合、CPUやGPUの性能や、液晶の解像度が突出して高かったりすることがたまにあります。こだわりがある様であればあえて旧機種を選ぶという選択肢もあります。

しかし、BluetoothのバージョンやWi-Fiの規格が古かったり、また旧機種の場合はOSのアップデートはないので、セキュリティ上のリスクを承知の上でということになります。

ただ、最近のタブレットはバッテリーの容量改善など改良されているところもあり、同じ1.3GHzのCPUでも新しい型のものに代わっているので、こだわりがなければ新しいものがお勧めです。

用途別お勧めタブレット

以下におおよそのスペックから用途別にお勧めのタブレットをまとめててみました。

~7インチ読書・ネットサーフィン・SNS

画面サイズが一番小さく片手でも持てるサイズです。CPUパワーがないのであまり重い作業は出来ません、ネットを見たり、読書したり、SNSなどに向いています。

7~8インチ読書・動画視聴・ソーシアルゲーム・SNS

片手で持つには少し大きいサイズの機種です。CPUパワーはそこそこあるので、instaに上げる画像を編集したり、ソーシャルゲーム、動画視聴に向いています。

8~10.1インチ動画視聴・SNS・3Dゲーム・画像編集

8インチから10.1インチのCPUパワーがある機種です。10.1インチのクラスは防塵・防滴対応のものもあります。動画を全画面で見たり、3Dゲームをしたり、画像編集などに向いています。

まとめ

今どきのandroidタブレットについて解説してきましたが、現在国内で入手できるandroidタブレットはHUAWEI、Levnovo、NEC、ほか格安タブレットのみになってしまっています。

冒頭でも述べた通りandroidタブレットのメリットは価格が安いこと、自分の使いやすい仕様にカスタマイズできるなどのメリットに加えて、読書・動画・ゲームに強いのも特徴です。ぜひ、皆さんも自分の用途に合わせた自分だけの一台を手に入れてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました